全身脱毛の部位はどんな部位があるのでしょう?

脱毛サロンで全身脱毛するときの部位とは?

脱毛サロンで全身脱毛をするときに気になるのが施術部位です。
全身脱毛なので全身の無駄毛を処理してもらえるのですが、では一体どのような部位に分けられているのでしょうか?
全身脱毛で処理してもらえる部位は次の通りです。
ワキ、襟足、うなじ、胸部、腹部、腕、手の指と甲、肩、背中、腰、お尻、足、足の指と甲。

足は膝上や膝下、膝頭に分かられることがありますし、腕も同じように肘上、肘下、肘に分けられることがあります。
ここで疑問に思うことが、顔やVIOラインが含まれていないことです。
サロンによっては顔やVIOラインのどちらも含まれないことがありますし、片方だけ含まれる場合や両方とも含まれる場合もあります。
ですので、全身脱毛の施術を受けるサロンに部位を確認したほうが良いでしょう。

関連
全身脱毛のオススメサロンのエタラビについてまとめました

顔とVIOラインの部位について

全身脱毛に含まれる顔の部位は、おでこ、頬、鼻下、もみあげ、アゴ、アゴ下、鼻などです。
この中でも鼻下は特に人気があります。
鼻下は女性でも薄い産毛のような無駄毛が生えますので、処理したい人女性が多くいるから人気があるのでしょう。
また、鼻下は女性ホルモンの分泌量の関係で無駄毛が生えやすくなっていますので、全身脱毛するときには施術を受けておきたい部位と言えます。
それに、鼻下は肌が弱い部分なので自己処理はトラブルが起きやすくて危険です。
だから、脱毛サロンで処理してもらったほうが良いでしょう。
VIOラインも人気がある施術部位で、下着や水着から無駄毛がはみ出すと恥ずかしいので処理する女性が多くいます。
このVIOラインは、陰部と肛門の周辺を処理しますが、自己処理しにくい部位なのでサロンで処理してもらったほうが良いと言えます。
陰部や肛門を傷つけてしまう可能性もありますので、全身脱毛の部位に含まれているサロンを探すのも大事です。

ワキの脱毛について

全身脱毛の施術部位の中には必ずと言って良いほどワキの施術が含まれています。
ワキを全身脱毛に含んでいないサロンは聞いたことがありませんが、単品でも多くの女性に人気を集めている部位です。
薄着になったり水着になったりする暑い季節はワキの脱毛を怠るわけにはいきません。
また、自己処理すると黒いブツブツになったり色素沈着して黒ずみになったりしますので、脱毛サロンで施術を受けたほうが良いでしょう。
それと、ワキの脱毛施術は痛みがほとんどありませんし、両わきの施術でも10分くらいで終わりますので、体に負担を掛けず安心して施術を受けることができます。

関連
憧れの全スベスベお肌を手に入れることのできる全身脱毛、頑張ってやるべき?

Comments are closed.